読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

Ubuntuアプリいろいろ

ClamTK

ClamTKがいつまでもバージョンアップしない。……って、割と有名な現象らしい。

Ubuntuソフトウェアセンターから既存のClamTKをアンインストールし、debを直接インストール。

geditが役立たず

NASに上書き保存できない。Windowsネットワークとの相性が最悪みたいだ。というか、LANDISKに要因?

ググったらできない表現があったので、geditでNAS上のHTMLファイルをいじるのはやめにした。

代わりにAptana Studio 3を

ALFAのメーリスで時折飛び交ったAptana Studio 3を入れようと思った。

git

gitなるバージョン管理システムも入れる必要があるらしい。
これは、Ubuntuソフトウェアセンターで「git-core」を探してインストールすればOKだった。

Aptana Studio 3

zipファイルを解凍するところまでは簡単だったけど、/opt/に移動するのがめんどくさかった。
root権限が要るから、端末でsudoで移動した。mvコマンドを初めて使った。なお、参考にしたのはこの二つ。

alacarte

このままだと、都度Nautilusを開いて直接ファイルを叩かなきゃいけない。面倒だから、きちんとDashに収めるには.desktopファイルを作らなければいけないらしい。シンボリックリンクみたいな感じ?ここらへんはまだ掴めていない。
先ほどの二つ目に挙げたブログを参照に進めたが、apt-getを使わずともUbuntuソフトウェアセンターで見つかった。さくっとインストール。

さくっと追加。

こうすることで、Dashに無事に追加された。

Aptana Studio 3の日本語化

ここらへんはWindows版とも共通みたいで、同じ技が使えた。
ただ、rootな/opt/配下に一式をおいた私はsudoで起動する必要があった。


これでひとまずインストール完了!