読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

タスクバー・Dockは上派?横派?

こんな意見を見つけた。Macでの話だけど、OS問わず時たま見られるよね。

私は横派だな。……というより、これを読んで横派になった(笑)
最近のディスプレイって16:9の横広型ばかりだから、昔より縦が狭い。だからこの類を横に置くのは理に適ってると思う。
確か私が今積極的に使うUbuntuでもそういう理由でDashが採用された気がする*1
ちなみに、Windows 7Ubuntu 12.04ではWindowsキー+数字で所定のソフトに切り替わるようになってる。下の場合、Windowsキー*2+1でNautilusWindowsキー+2でFirefox……という感じ。Windowsの場合はタスクバーに常時表示していればOKだ。
起動中にこれをやると、そのソフトにアクティブデスクトップが切り替わる。結構何気に便利だから、あまりLauncherやタスクバーにマウスを走らせることをしなくなった。
Macの場合は持ってないからわからないな。Dockってキーボードショートカットはアサインされてるんだろうか?

そういうわけで、私は前者のほうがわかる!って感じで、Windowsのタスクバーも横に置いちゃった。

左か右か

私の場合は左に揃えた。

理由としては右上のウィンドウを閉じるアイコンと衝突するのを避けたのもあるけど、他にも。

進行方向

Windowsでは逆になってるけど、通常「戻る」は左側で「進む」は右側だ。ブラウザの矢印記号なんかはその典型。
ってことは、ソフトを起こす=作業をはじめる=次のステップに進む……ということで、左が自然な流れとなる。

しまう際にも、一旦デスクトップに戻るという考えに立てば、

これも自然な流れになる。
ってことで、左に置いてしばらく試してみる!

*1:けど出処が見当たらない。どこだっけ。シャトルワースじゃないっけか。違うっけか。

*2:Ubuntuではスーパーキーという