読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

Windows Live Messsengerをアップデートしたら、Skypeがインストールされた

PC Web

そんな話は前々から聞いていたけど、アップデートのお知らせが来ないものだから試せなかった。ようやく来たから、Skypeインストール済みのXP機で試してみた。

  • まるでバグ修正かのような趣で現れるアップデート通知

  • 続行するとSkypeを更新している旨の進捗画面が出る

  • Microsoftアカウント(Windows Liveアカウント)でサインインするよう出る。ここでログインしたいアカウントじゃなくて、統合したいアカウントを入力しなければいけないことに注意が要る。後から変えるのは手間らしいから、アカウントを複数持つ人はここで熟考しておいたほうが良いかも。

  • Skype側の統合したいアカウントを選ぶ。

  • Skypeのパスワードを入力

  • Microsoft側は氏名、Skype側はSkype名が現れる。ここで紐付けしてよいか確認する。


これで完了したら、Skypeが起動してログインできるようになる。さすがに多重インストールされるようなことは無かった。
プロフィール画面には、MicrosoftアカウントとSkype名の両方が記載される。また、コンタクトは、Windows Live Messengerの連絡先の場合「Messenger」と名前の後ろに灰色で表示される。


で、スタートメニューを見ると、しっかりWindows Live Messengerは消えていた。

だけど、Windows Liveおすすめパックを削除しようとしたら、普通に削除する画面が出てきた。レジストリは残っているんだろうか。逆にエラー吐かなくてよかったけど、なんか釈然としない。

……ま、いいか。


ちなみに、別のマシンでWindows Live Messengerにサインインできなくなるかというと、そうでもないようだ。別のWindows 7でサインインしてみたところ、何事もなくできた。

「2か所」という表示があることから、実質SkypeWindows Live Messenger互換クライアントとして動いているのだろう。