読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

配線を変えたらIPv6が通るようになった

iPadが訳も分からず繋がらなくなる症状が近頃また好発するから、ルーター配下の配線を変えてみた。今まではモデム(TE4571EW)をルーターとして使い、無線LANの親機(WN-G300TVGR)を親機としてしか使わなかった。
今回親機をルーターに立ててみたら、IPv6が通るようになった。プロバイダーと直接WN-G300TVGRがお話しするようになってIPv6パススルーができるようになったからだろう。とはいえ、ADSLじゃプロバイダーからIPv6アドレスが降ってこないから、Teredoによる接続だけど。
IPv6を切っているWindows XPにて試す。DNSIPv6に対応している旨を示す。
IPv6標準対応のWindows 7にてKAME Projectに接続してみる。IPアドレス直接指定ならば動く亀が見られた。


IPv6をなんとなく夢見るも無料で容易に手に入れるのはまだまだ先だと実感したところだったので、こういう形でちょっと未来を見させてもらえたのはちょっと嬉しかった。