読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

マックスバリュの古紙回収サービス

話題 地元

マックスバリュ関東古紙回収サービスを始めたらしいので、試してみました。

概要

出せる品目は

  • 古新聞・チラシ
  • 段ボール
  • 古雑誌・古本・古箱
  • ペットボトル

の4品目。
ポイント制になっていて、古紙類は1kgあたり1ポイント、ペットボトルは1本あたり0.2ポイント付与され、200ポイントでマックスバリュのお買物券に引き換えられます。

見た目

受付兼はかり、ペットボトル回収機、古紙置き場の三つで構成されているようです。古紙置き場はどうやら重量検知もしているようです。セルフレジのはかりの技術を応用したものでしょう。
  

古紙を出してみた

まずサービスカウンターでポイントカードを貰います。

特に記名式ではなく、「もらえますか」と店員さんに一言声を掛けるだけで貰えます。
その後、車のトランクから古紙を降ろして受付兼はかりへ向かいます。受付でポイントカードをかざすとポイント確認画面になります。ここで「古紙の回収」のボタンを押します。

はかりに古紙を載せるよう指示されます。

計測が済んだら下の画面になります。

そうしたら、古紙BOXに置きます。置き終えると受付機が置いたことを検知します。

以上で完了です。

使ってみて

今までは市にタダで引き取られるかちり紙交換されるかのどちらかだけでしたが、ポイントでマックスバリュの買物券に引き換えられるというのはお得感がありそうで魅力的です。
24時間いつでも捨てに来られるのも便利です。平日の夜に疲れた体に鞭打ったり朝いつもより早く起きたりしてごみ収集所に向かわなければならない義務感と無縁なのが精神的に助かります。
……とはいえ、200ポイントは案外ハードルが高いです。池辺宅は郵便受けに入ったチラシ程度しか捨てるものが無いので、今回捨てる量になるまで1年くらいかかりました。ここから推測すると、200ポイントだと7年くらいかかりそうです。新聞を毎日取ってらっしゃる家向きのサービスでしょうね。WAONポイントだったら便利だったのですが……。