読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

Yahoo!メールで利用者の一部に長時間障害

9月30日からYahoo!メールで利用者の一部で障害が起こりました。
全体の8%において起こったとのことですが、私の持つアカウントでも家族のアカウントも同様に起こり使えなくなりました。今日10月4日の朝方に手元のアカウントは復旧したようです。ただし「順次」とのことですので、11時半現在もまだ使えない方もいらっしゃると思われます。一利用者として速やかな復旧を望みます。

原因

原因はまだ広報されていませんが、中間報告で

システムの冗長性やデータの保全性を維持できないレベルのハードウエア障害

http://docs.yahoo.co.jp/info/notice/140930.html

と公表されています。「システムの冗長性を維持できない」は非常時に本番系統から予備系統に切り替えられなかったこと、「データの保全性を維持できない」はクラッシュしてもデータを保持し続けられなかったことと推測されます。
「ハードウェア障害」ということと組み合わせて考えると、ハードディスクが何らかの理由で故障し、かつ予備系統への切り替えに失敗したものと思われます。
この点からしてファーストサーバのような阿鼻叫喚を恐れていましたが、手元の復旧されたアカウントを見るに9月30日時点のデータは保たれているようです。何かしらの方策で復旧させたのではないでしょうか。

障害期間中のメール

障害期間中に手元のアカウントへGmailから送ってみたところ、下のようなエラーメッセージが返ってきました。

Message from  yahoo.co.jp.
Unable to deliver message to the following address(es).
 
<*****@yahoo.co.jp>:
Resources temporarily unavailable, please try again later [#4.1.12].
/I'm not going to try again; this message has been in the queue too long.

「please try again later(後で改めてお試しください)」と配達を断念した旨が書かれています。自分宛のメールが気になる方は、障害期間中に送信したか周りに尋ねるのが良いと思います。

ともあれ

復旧が全て済み次第という流れになりましょうが、正式な発表が待たれます。原因を発表するのと同時に、障害期間中のメールの行方などを説明してしっかり利用者の不安や戸惑いをなくしてほしいと思います。