読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

格安SIMを運用している

PC

DTIのSIMXperia arcに導入してもうすぐ一か月たつ。それに伴って感想などをまとめたい。

導入目的

カーナビの運用。
今まではWi-Fiテザリングで対応してきたけども、下記の問題点があると分かった。

  • GPSを見失うとぴょんぴょん現在地が跳ねてまともに見ていられない
  • 混雑地では通信できない

これを解消したいと思っていたところ、背中を後押しする事が起こった。

HTC Jの破損。これでだいぶ物寂しい期間があり、SIMカード契約に踏み切ることにした。

使ってみて


安定することが増えた。安定といえない時もあるから完全に通信が安定したとは言い難いけど、それでも不安に感じることは減った。
測位が安定するおかげでGoogleマップを信用することが増えたので買ってよかったと思う。
その反面、つい最近まで上り速度がきわめて遅くてイライラした。twiccaでの写真添付に失敗し、添付つきメールの送信に1時間以上かかるなど実用できなかった。これがこのあいだ改善されて今は結構スムースに送れるようになっている。
これで“安定して遅い”回線になったことでだいぶ実用的になった。TwitterFacebookなどのSNSはテキスト主体だから添付画像さえ我慢できれば快適。メールも楽になった。
その回線の魅力に加えてXperiaの便利さもあって最近はHTC Jの出番が減った。HTC Jは通常回線だから速いのは嬉しいけど、端末の出来上がりに難がある。しかも作り込みが甘いというより、ディスプレイや標準メーラーの仕様といった「あ、これは勝手の悪さに気付いてないな」という点ばかり目立つので若干辟易気味になっている。契約してまだ11か月目なのに。
HTCには頑張ってほしいけど、退潮傾向にある原因が使えば解る。HTC Oneで改善されているとはあまり思えない点なのだけど、現状どうなんだろうか……。


そんなわけでDTIのSIMは遅いながらも目的に沿えばかなり満足することが分かった。最近は上り回線も改善されて重たいデータも扱うのがマシになったから、個人的には気に入った。