読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丘と谷津の硲に憩う

あちこちほっついて身に覚えたことをしたためようと

スマホから格安で発信するサービスを比べてみました

店などに電話する際に使っているBrastel 050の残高が減ってきたのでどの発信サービスが安いか比べてみました。

条件

普段の使い方を見て、下の条件を決めて探しました。

  • 月額無料であること
  • アプリがあるかOSの内臓の機能で発信できること
  • 電話番号はなくてもよい
  • 先払い式の場合、残高が一定期間で失効しないこと

実際の電話番号を通知することを想定しないので、LINE Out楽天でんわは今回対象外です。そうしたことで下のサービス四つを比べてみることにしました。

比較結果

3分通話した場合の料金を比べてみました。
Google Voiceはアメリカドルで算出し、今日22時時点でYahoo!ファイナンスの為替レート計算機能で日本円に直しました。

FUSION IP-Phone SMART Brastel 050 Google Voice SkypeOut
固定電話 48 8 9.42 6.78
携帯電話 48 33 28.27 26.44

これを見るに、

  1. SkypeOut
  2. Brastel 050
  3. Google Voice
  4. FUSION IP-Phone SMART

という結果になりました。

諸元比較と各サービスの感想

数表は下の通りです。単価のうち、スラッシュの左側が料金で右側が通話時間(分)です。

FUSION IP-Phone SMART Brastel 050 Google Voice SkypeOut
固定電話 8 / 0.5 8 /3 $0.03 / 1 2.26 / 1
携帯電話あて接続料 0 0 0 0
携帯電話 8 / 0.5 5.5 / 0.5 $0.09 / 1 10.81 / 1
携帯電話あて接続料 0 0 0 4.82
支払いのタイミング 後払い 先払い 先払い 先払い
支払いのすべ クレジットカード クレジットカード/スマートピット クレジットカード ヘルプ参照
FUSION IP-Phone SMART

留守番電話など付帯サービスが多くて魅力的。それを受けてか、通話料も結構高めになっています。(それでもケータイと比べれば安いのですが)
付帯サービスが魅力的に感じる人にはすごくよさそうです。私はauの回線を機種変更したら留守番電話がオプションサービスになった上にHTC J Butterflyには着信メモが無いので、ここに転送をしています。

Brastel 050

付帯サービスが転送くらいしかないのですが、その分通話料が安くてお得です。前払い式ですが、「○○分ご利用いただけます」というアナウンスを毎回発信したときに言ってくれるので親切です。
支払いはクレジットカードのほかにスマートピットでも支払えますが、2000円からと高めなのがネックな上、現金だけというのがなんとも厄介。

Google Voice

Gmailのチャット画面から発信できるようになったとお知らせが数年前にあってからずっと気になっていたのですが、今回初めて調べてみました。ほぼ全て英語ですね。
なんとなくGoogleには価格破壊という印象がったのですが、その印象を破壊するような値付けでした。そこまで安くありません。それでもケータイあての通話料金はBrastelに競り勝っています。

SkypeOut

ネットから電話するサービスでは一番の老舗です。老舗だからか「接続料金」という料金区分があります。これは通話1回ごとに通話とは別にかかる料金のこと。なんだか昔のウィルコムを思い出します。
接続料金というものがあって割高な印象を覚えますが、3分単位で計算してみると意外と最安値を付けました。印象に惑わされていました。
ただ気を付けたいのが利用規約。半年で失効して復活できないようにも読み取れる記載があります。前にファミリーマートSkypeクレジットクーポンを買ったときにはそんなこと無かったのですが、今買うとどうなるか気を揉んでいます。

まとめ

老舗Skypeの存在が大きいことを今回比べて改めて感じました。ただ大きくて古い海外企業がゆえに結構わかりにくい点と落とし穴があって勝手がよろしくないのは改めてほしいと思います。そこまで含めるとBrastelでチャージしたほうが考えることが少なくて楽でしょうかね。